ぽっちゃりアラフォー女子のお悩みあるある?!

画像キャプション 更年期こんにちは

こんにちは。

ぽっちゃり、アラフォー女子のハチコです。

30代までとは明らかに違う、

毎日の疲れや不調って感じることはありませんか?

ワタシは、年を追うごとに、いえいえ、日を追うごとに増えてきた日がします。。。

急に変な汗をかくことがある、やたら汗かきになる

月経周期がおかしくなる

なんだか体がだるい、痒い

元気なのに頭痛がひどい

健康診断で数値が標準値より高くなってきた、

どこも悪くないのに血圧が高い

・・・この症状、いつの間にか続いていて、お医者さんに見てもらっても

血液検査見る限りそれらしい原因はないんだよね・・・

なんて見放されることも。

コレはもしかして、女性ホルモンの影響?!

いわゆる更年期???

と感じるようになりました。

 

ぽっちゃりアラフォー女子、仕事のストレスから引き起こした生理不順

画像キャプション

ワタシは4年ほど前に、

某会社の派遣で公共系のコールセンターで

オペレーターとして勤務していました。

入社当初は契約社員としてだったし、

いわゆるパートさんと変わらない感じ。

同期は早期に辞めてしまいいませんでしたが、

先輩たちにその分声をかけてもらい、

それなりに楽しくお仕事していました。

半年ほど経過した時、

上司から

コールセンターの管理者、バックヤード側で仕事しないか?

と誘われました。

勤務時間が変わるわけではないし、

自分の未経験の仕事内容だったため

経験として引き受けました。

しばらく仕事は慣れずに大変だったものの、

やりがいを感じながら日々過ぎてゆき、

1年ほどたったある日から、

急にある先輩管理者から無視されるようになったのです。

それまでとても仲良くしてもらっていたのに理由もわからず、

昼食も避けられるようになりとても困惑しました。

自分の気持ちをごまかしながら割り切って仕事しているつもりでしたが、

ふと3ヶ月ほど月経がきていないことに気づきました。

他にコレといった不調の原因もなく、

自分でも、ストレスが理由だと感じました。

ほんの小さなきっかけでも体調を崩してしまうことって、あるんですね。

 

ぽっちゃりアラフォー女子の更年期とは?

画像キャプション

ワタシもそうなのかもしれませんが、

中年のおばさん=更年期

と思っている人は少なくないのではないでしょうか。

一般的に、更年期という期間は約10年間続くと言われているのです。

・・・ええ?!10年もー汗

とワタシはこの情報を知った時思わずゲンナリしました。

この10年、という期間は閉経前後の期間を指すのだそうです。

では閉経の定義とは??

それは、

1年間月経がこない

という状態。

個人差はもちろんあるのですが、

一般的には平均で50〜52歳で閉経する人が多いのです。

例えば、50歳で閉経を迎えるのなら、45歳〜55歳の期間を指します。

更年期と判断する基準としては、

エストロゲン

という女性ホルモンがどれだけ分泌されているかになります。

エストロゲンは10代の思春期に分泌が始まり、

月経を迎えてどんどん分泌量が増えていきます。

高校生くらいで分泌量は安定し性としての成熟期に入ります。

ピークは20代〜30代、35歳くらいから分泌量は低下していきます。

エストロゲン分泌量の低下とともに

卵巣機能も低下

していくことになります。

ワタシは現在、

まさに診断としてエストロゲン分泌量が極少量しかなく、

卵巣機能不全

という診断を受けていますので、納得です。

このことに伴い、

はっきりとした原因のわからない自覚症状のある身体の不調が生じることを

不定愁訴

と言います。

 

ぽっちゃりアラフォー女子に起こる不定愁訴

画像キャプション

更年期も個人差があると言われていますが、

同い年の友人と話していても、

人によって体調の不調の内容やその重さは十人十色です。

ワタシの母は、40代の頃もそれほど不調を感じたことはなく、

更年期がどんなものかわからないと言っていた記憶があります。

ワタシの無月経は3〜4ヶ月間に渡って続き、

ようやく来た!

と思うと

今度は3、4週間から1ヶ月続くこともあり、

ホルモン剤を服用するまで止まらないこともありました。

期間だけではなく、

それまで経験したこともないような経血量の多さで、

2時間もたずにトイレに駆け込み、

仕事もままならない状態で、

そのことがさらにストレスになっていました。

婦人科に行き、

血液検査をするとホルモンがほとんど確認できないほど少なくなっており、

年齢的には40代前半で閉経するにはまだ早い

と判断され、

現在ホルモン剤を飲みながら月経サイクルを作る治療を行っています。

 

アラフォー女子の更年期についてのイメージは勘違い?

画像キャプション

ワタシはママ友や職場の同年代の同僚にこの話を聞いてもらったのですが、

みなそれぞれに聞き知ってきたことを元にアドバイスしてくれました。

でも、先ほど触れたように、

アラフォー女子にどのように更年期の不定愁訴がやってくるかは違うので、

自分に全て当てはまりませんでした。

なので、

周囲の人から聞いた状態と自分が違うからと言って合わせる必要もないし、

心配する意味もないのです。

例えば、初潮が早い人は閉経も早い?という仮説がありますが、

ワタシも初潮が10歳と早い方でしたし、

母も同じくらいでした。

でも、母は50歳くらいで閉経を迎えたとして、

ワタシが同じ時期に閉経をするとは限りません。

最も、骨格上の影響で母娘で閉経の時期は近くなると

医師には言われましたが。

考え方を変えれば、

早期から卵巣の機能が発達しホルモンを分泌できているということから、

卵巣機能が長く継続する可能性もあるのです。

また、出産経験のない人は更年期症状が重くなる、

という話も聞いたことがありますが、コレも人によります。

実際に知人で、

お子さんを3人産まれているのに、

とても更年期症状の重いかたもいらっしゃいます。

考え方によっては、

出産回数を重ねることにより

卵巣機能に負担がかかっていることも想定されます。

 

ぽっちゃりアラフォー女子も、身体からのサインに気づいて

画像キャプション

いかがでしたか?

もしかしたら、アラフォーと言えない世代の方でも、

不定愁訴に悩まされている女性の方もいらっしゃると思います。

原因不明の自覚症状がある場合、

血液検査などしてみて特段原因がわからなくても、

身体が悲鳴を挙げているのであれば、

身体をいたわってあげる必要は少なくともあるのではないでしょうか。

ワタシがそうでした。

見て見ぬふりをしたり、

自分の身体の変化に気づかないくらい日々の忙しさに追われていて、

気づくと身体を壊してしまっている

そんなことが起こらないように、

時には自分のことを大切にしてあげましょうね (*´꒳`*)

 

コメント

  1. An intriguing discussion is definitely worth comment.

    There’s no doubt that that you need to write more about this issue, it might not be a taboo matter but generally people do
    not speak about such subjects. To the next! Kind regards!! http://uricasino114.com

タイトルとURLをコピーしました