アラフォーの悩みは主婦だからだけじゃない!辛いワケと解消法

画像キャプション 更年期こんにちは

こんにちは。

日々悩みの多いアラフォー主婦、ハチコです。

ただでさえ、お金がない、子育て、自分自身が痩せない。。。

などなど悩みが尽きないのに、最近では新型コロナウイルス

COVID-19

にますます頭を抱えていますが、

自分だけではなく、きっと多くの人がそうでしょう。

こんな時だからこそ、

ココロに余裕を少しでも持ちたいモノですね。

でも、アラフォーは環境的にいろいろな悩みを抱えているモノです。

そこで今回は、少しでもココロを軽くできるために

アラフォー女性に悩みが多いのはなぜか、

どうすれば解消するか

について考えます!

 

人生で最も悩みの多い世代がアラフォー

画像キャプション

ひと昔、私たちの母親がアラフォーと言われた頃は

アラフォー=主婦

である場合が大半で、悩みも主婦特有のものでした。

ところが、令和となった今の時代は

専業主婦である人の方がもしかしたら少数派で、

多くは結婚の有無にかかわらず仕事をしていたり、

親世代の介護をしていたり、

晩産化により育児をしている世代であったり・・・

女性によって様々な立場があり

一様にまとめて考えること自体が意味のないことになっています。

にもかかわらず、悩みが尽きないことに関しては

どんな立場であっても共感できる部分がありますよね?

共通する身体的な変化についての悩みや子育ての悩み、

キャリアや将来についての悩みなどなど。

本当に女性の悩みは多岐に渡ります。

悩みが多種であると同時に、その悩みの原因も様々

育児や仕事によって蓄積する慢性的な疲労

更年期の始まりによるホルモンバランスの乱れ、

社会的に良しとされる母親像と現実の自分とのギャップ

仕事と育児の両立、、、こちらも数えきれませんね。

これらは全て複合的に要因として考えられるものだし、

アラフォー女性はこの要因となりうるモノには心当たりがあるはずです。

自分ではどうしようもないアラフォーの悩み

画像キャプション

アラフォーだけではなく、女性には

学生時代から仲の良い友人とはいろんな話を

時間が過ぎるのも忘れて語り合ったモノですよね。

若い頃は、学校生活や就職、

恋愛や結婚について話をすることが多かったですが

30代後半くらいから、ふと健康についての話をする機会が増えてませんか?

出産してから体質が変わったとか、

職場の同年齢の同僚が婦人検診で病気が見つかった、

などの他、特定の疾患ではないような

何となくだるい、疲れやすい、やる気が出ない

といったような不定愁訴は誰しも抱える悩みではないでしょうか。

さらに自分の身体的な悩みだけではなく、

子供に関する悩みや親の介護

といった悩みを抱えることもあり、

ひとつひとつに正面から向き合うほどエネルギーも必要です。

また向き合っても自分一人では解決することができないこともあります。

本当に、今の世の中の女性たちはいろいろな悩みを抱えているんです。

 

アラフォーの悩みを解消する方法は?

画像キャプション

ではこのアラフォーの尽きない悩みを解消するには

いったいどうすれば良いのでしょうか?

まず、身体的な自分自身の悩みについて言えることは

年齢が若い時のように一時的に我慢すればいずれ解消されるモノではなく

生きてきた年数が増えるとともに、

常にそれぞれの小さな困りごとと付き合っていく

ことをアラフォー女性として受け入れるということです。

また、自分以外の悩みについては、

解決するためにいくら自分がひとり頑張っても限界がある

ということです。

パートナーや家族に協力してもらいながら向き合う他にも、

外部のサービスに頼ったり、

他人とのコミュニケーションで解決していく

ことができるように自分の考えも柔軟に、

利用できるモノを活用することも方法です。

例えば、親の介護で悩む場合、

家族で介護を全てするのは状況によっては物理的に困難なことがあります。

私も数年前その経験があり、家族で悩んでも解決できませんでしたが

区役所や介護相談できる窓口へ足を運ぶことで

結果的に介護サービスを介護保険申請し受けることができました。

そうすると、家族の身体的負担も軽減されるだけでなく、

自分たちだけでは思いつかなかった要介護者にとって必要な環境も

整えることができたりし、とても救われました。

また、働きながら家事をしなければいけない女性も、

自分一人で疲れているのに家事も全てこなすことはとても大変ですので、

月に1度でも家事代行サービスを利用して、

自分のリフレッシュに時間を当てることも有効です。

自分以外の何かを頼ることは自分が弱いのではないのです。

疲れた、辛い時は頼れるものは頼って良いのです。

頼って良いほど頑張っている自分を褒めて欲しいです。

アラフォーの悩みを主婦の目線から考えたまとめ

画像キャプション

悩みが尽きないアラフォー世代の女性、主婦。

悩みがひとつもない、快晴のような状態を目指すことは大変だけど

悩みながらうまく付き合って毎日を過ごしていける、

少し曇った天気でも「ま、良いか」くらいに考えてみませんか?

何より自分の身体とココロをまずは大切にして、

甘えることができるならちょっとくらい甘えましょう

そうして身体とココロに少し余裕ができてきたら

ココロのなかの風通しがよくなって

新しい風が吹いてくれるかもしれません♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました