薄毛の原因は使うドライヤー?!オススメの薄毛対策!

画像キャプション 薄毛対策

こんにちは♪

コンプレックス爆弾抱えた、アラフォーぽっちゃり戦隊ハチコです。

どんどん自分のコンプレックス曝け出して行きますので、

同じお悩みを抱えた方は一緒に前をむいていきましょー!

さて、今回は

薄毛の原因は使っているドライヤー?!

かもしれない件です!

オススメの対策となるドライヤーも後ほどご紹介しますのでお楽しみに!

 

ドライヤーが薄毛の原因に?!

画像キャプション

薄毛が気になる前も後も、

まず気になるのはシャンプーやトリートメント、育毛剤ですよね。

ワタシも最初はボリュームUPするシャンプーをあれこれ試したり、

女性向けでコスパの良い育毛剤はどれか?

・・・などと必死で試して来ました。

もちろん、そのようなヘアケア用品でボリュームがUPしたり、

ちょっと育毛に良さそうと思うこともあったのですが、

そもそもドライヤーでブローし乾くとなんだかガサガサ・・・

もう自分はさらさらな健康な髪にはなれないのかな・・・

日に日に、希望がなくなってきたころ、

なんとなく眺めていたサイトで

ドライヤーが薄毛の原因になる

可能性があることを知りました。

基本的に、薄毛の原因は男性ホルモンや血行不良が原因であるのですが、

毎日の生活習慣からも薄毛を引き起こすことがあるというのです!

生活習慣の中でも毎日関わってくるものが

ドライヤーでのブロー

です。

毎日熱風を髪に当てて乾かす、

となると髪のみならず頭皮にも影響がありそうです。

なぜ熱で髪を乾かすのがいけないのか?

髪は水分を逃さないように、

キューティクル

で表面をコーティングしています。

キューティクルの状態は髪のツヤやコシにも関係しているのですが、

実は熱に対してキューティクルはとても弱いのです。

ドライヤーの熱によってキューティクルが剥がれてしまうと、

水分が失われ、髪が細くなり、コシもなくなってしまいます

・・・書いてても怖い。ぶるぶる。。。

髪が細くなり弱くなってしまうと、頭皮上の髪の密度が少なくなり

結果として髪が薄く見える、いわゆる薄毛の状態になってしまいます。

しかし!

ここで失望してはいけません!

あくまでもこれは髪自体のダメージや状態なので、

髪が抜けた後、丈夫な本来の髪の毛が生えてくれば良いのです!

では一体どんなドライヤーを使えば薄毛の対策として有効なのでしょうか?

 


薄毛対策にはどんなドライヤーが良いのか?

画像キャプション

ドライヤーで髪を乾かしている時、

あっつ!

って熱さを感じる事がありませんか?

ワタシは結構ありました。

乾かした後も頭皮が突っ張った感じがあったり。

ドライヤーの熱風が頭皮に当たると、肌の水分が失われる事で

乾燥状態

に陥ってしまいます。

肌が水分を失い乾燥した状態になると、

肌を刺激から守るバリア機能が低下します。

失われたバリア機能を取り戻すため、

頭皮は毛穴から皮脂を分泌するのですが、

乾燥がひどいと分泌量も多くなり

毛穴が詰まってしまうことにつながります。

そうすると過剰な皮脂で頭皮の状態が悪くなり肌トラブルが起き、

これもまた薄毛の原因となってしまうのです。

どちらかというと、薄毛というよりかは脱毛の原因となります。

でも、これも頭皮の状態を健康な状態にすれば改善されますよ!

なので、まず重要なのは

ドライヤーの風を変えること薄毛対策として大きく影響するのです。

乾かし方としては、

ドライヤーの熱風を1箇所に集まってしまわないように、

まんべんなく乾かしてあげましょう!

また、

風が熱すぎないドライヤー

をえらぶ事が大切です。

では、ハチコが実際に使っているオススメのドライヤーを紹介します!

 


薄毛対策にオススメ!ヤーマンのスカルプドライヤー!

画像キャプション

オススメのドライヤーはヤーマンの「スカルプドライヤー」。

ヤーマンといえば、美容家電をたくさん取り扱うイメージがありますが、

ヘアケアとしてドライヤーもラインナップされています。さすが!

 

ワタシが現在使用しているものがこちら。

画像キャプション

1番の特長は

低温風で遠赤外線によりダメージを与えずドライできる点です。

一般的なドライヤーの温風は

約80〜100度

に設定されているのに対し、ヤーマンのスカルプドライヤーは

約60度

の温風が採用されています。

温度がそんなに低いなら、乾きにくくて長時間ドライしなきゃならない?

と思ったのですが、低温風を遠赤外線の効果でしっかりフォロー。

しかも、

スカルプモード

という振動でマッサージする機能があるのも魅力的です。

画像キャプション

育毛剤を使用する際は、事前にスカルプHモードを使用し、

約42度の温風、遠赤外線に加え

毎分 約3700回の振動

で地肌にじんわり刺激を与えます。

あたたかいと感じる温度で頭皮を動かすことによって

健康な頭皮環境に導いてくれます

その後、育毛剤を使用してスカルプCモードを使用。

今度は涼しい風と振動で地肌に栄養と潤いを閉じ込めます。

育毛剤を効果的に浸透させてくれるモノですね。

スカルプモードを使用する時専用のヘッドが大・小ふたつ付属します。

画像キャプション

どちらか自分が使いやすい方で使用して問題ないです♪

スカルプモードを使用しながら風も出ているので髪もドライできます。

現在公式サイトで販売されているのは

スカルプドライヤー プロ

という商品ですね。

髪の水分に吸収されて熱にかわる育成遠赤外線で、

遠赤外線の中でも4〜14ミクロンという特定の波長域を採用。

この波長は身体を最も活き活きさせる事ができる数値です!

そして、低温でも髪を短時間でしっかりドライしてくれる、

とても便利で効果的な仕様です!

また、温感により頭皮を引き揚げ、リフトケアも叶いますー!

カラーはパールホワイト

ワタシが持ってるブラウンも素敵ですが、こちらもスタイリッシュです!

使用した感想としては、

何より、このスカルプモード気持ち良いです♡

自分でマッサージしながら寝落ちしたこともあります笑

また、一度このドライヤーを使うと、

今までどれだけ熱い風を毎日、朝晩頭皮や髪に当ててきたんだろう汗

と焦るくらい、優しい風当たりなんです〜

乾かし終わった後も、頭皮の突っ張り感や髪のパサつきも軽減されました♪

デメリットとしては、やはり一般的なドライヤーに比べると

価格が税抜22000円と、決して安くはありません

ただ、ドライヤーは毎日使うモノ

1日に1回としても、1年365日、何年も使うとなれば

頭皮に与える環境としては大きな差になるので、

ワタシ的には使用する価値はありました!

 

 

今からすぐ詳細をご覧になりたい場合は ↓ からどうぞ♡ 

薄毛の原因と対策のまとめ

画像キャプション

いかがでしたか?

薄毛をなんとか食い止めたい!という気持ちはみんな同じだけど、

意外とドライヤーの熱風が影響しているのは意外ですよね。

でも、毎日使うドライヤー。

これから年齢と共にますますヘアケアは重要になってきますので、

この機会に、自分にとって大切な環境をぜひ考えてみてくださいね♡

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました